台風情報2017年の発生状況は?気象庁予測の最新の上陸の時期も!

スポンサーリンク

日本の秋の風物詩の一つであまりありがたくないものがあります。それは台風の到来ですね。

長年の経験と技術の進歩によって、事前に台風がどこで発生してその進度が正確に予測できるようになってきました。

台風情報とは気象庁の防災気象情報の1つですが、発生している台風の現在位置と経路・強さ・中心気圧などを発表しています。

具体的には、テレビやラジオなどで台風経路図や暴風域に入る確率や全般的な台風情報などで、私たちはどう対処すべきかわかるわけです。

台風シーズンにそなえて少しでも台風について知っていくことで提供される情報も生かされるでしょう。

そこで今回は、台風情報2017年の発生状況は?気象庁予測の最新の上陸の時期も と題して見ていくことにしましょう。

スポンサーリンク

台風とは

・亜熱帯や熱帯で海から発生される大量の水蒸気が上昇して空気が渦を巻きできる低気圧が「熱帯低気圧」です。

・この「熱帯低気圧」のうち北西太平洋で発達して低気圧内の中心付近の最大風速がおよそ17m/s(風力8)以上になったものを「台風」と呼びます。
このとき、17m/s以下の熱帯低気圧を”弱い熱帯低気圧”と呼びます。

・構造としては、台風は空気の巨大な渦で、その空気が気圧の低い中心部へ向かって反時計回りに回転しながら流れ混みます。

・こうして海上の高温多湿な空気は上昇気流となって昇り、そして水蒸気が凝結して巨大な積乱雲が作られ、激しい雨をもたらします。
○台風発生の仕組み

・ちなみに温帯低気圧とは、冷たい空気と暖かい空気が混ざりあおうとして空気が渦を巻きできる構造を言います。

このため冷たい空気と暖かい空気がぶつかり合うことで前線ができることがありますが、台風本体は暖かい空気のみでできているために前線を伴うことがありません。

よく台風が温帯低気圧に変化したと聞きますが、これは台風の北上によって冷たい空気が流入したときに変化したためです。

・同じ最大風速が17.2m/s以上の熱帯低気圧のうち、北インド洋と南太平洋にあるものは「サイクロン」、
北大西洋と北東太平洋の熱帯低気圧のうち最大風速が32.7m/s以上のものは「ハリケーン」と一般的に呼ばれています。

・台風が日本本土に上陸するのは7月から9月ですが、上陸数は8月が最も多くて次が9月です。台風はふつう9月が多いですね。

実は、8月と言えばまだ太平洋高気圧が日本付近をおおっていて台風が接近しにくい状況のためです。
たまたま太平洋高気圧の勢力が弱まった時には8月でも台風が上陸するというわけですね。
○台風情報2

台風の勢力を分かりやすく表現するために
台風には「強さ」と「大きさ」によって階級で分類されています。

○台風情報

台風のうち風速が約70m/sを超えるものは特に「スーパー台風」と言います。

台風予想について
台風の予想は難しい課題がありました。
長期の予想をするためには、数千キロにわたる太平洋の熱帯域の雲の動きを(大気や海洋の複雑な動きを入れて)すみずみシュミレーションしなくてはなりません。
アメリカのようにハリケーンなどでの長期の予測データの蓄積もありませんでした。
でもごく最近になって京(スーパーコンピュータ)を活用して、短期間先の予想の成果が出てきており、いずれ1ヶ月の台風予想ができる日も遠くないといった状況です。

台風情報2017年の発生状況は

・日本では平均、毎年11個前後の台風が接近して、そのうち3個くらいが日本本土に上陸します。
ただし、2008年、2000年、1986年、1984年のように全く台風が上陸しなかった年もあります。

・最近3年間の状況を簡単に見ていきます。 (izitoより)

○表

2016年は、
・エルニーニョ現象が少なかったので北西太平洋では例年より強い太平洋高気圧に覆われたため熱帯低気圧が発生しにくい状況でした。そのため台風1号の発生は7月までずれ込んだのです。

・台風10号は史上初めて東北地方の太平洋側に上陸し大きな被害をもたらしました。台風14号は、 900 hPaを下回り2013年の台風30号以来の強さです。

では、2017年は
●2017年6月では台風は2個しか発生していません。これはおおむね平年並みです。
また、今年の夏はエルニーニョの影響は はっきり発表されていませんので、あと鍵となるのは太平洋西部の海面水温はどうかということです。
ある報告によると平年よりやや高いとなっていますので、その場合は高温多湿になるため台風が発生しやすく数も多くなるということですね。

●7/2 午前9時、沖縄の南で台風3号が発生しました。
台風は、3日にかけて先島諸島に接近する見込みのため付近の地域では、強風や高波に注意が必要です。

●以後、台風情報・進路は各台風情報(下記)で

気象庁予測の最新の上陸の時期も!

気象庁・台風情報 (一例)
http://www.jma.go.jp/jp/typh/index.html
*画面右の選択肢で台風情報のほか、大雨・洪水警報(情報)、高温注意情報、各種天気情報、地震情報など瞬時に表示されます

ウェザーニュース・台風情報
(混雑時負荷軽減のためページを軽量化しているためつながりやすい)
http://weathernews.jp/typhoon/
*台風表示時に画面右上の↻REPLAYで発生からの軌跡がわかりやすく表示されます(PC表示)
*右側「過去台風データベース」では過去に発生した台風の軌跡なども見れます(PC表示)

まとめ

今回の台風情報2017年の発生状況は?気象庁予測の最新の上陸の時期も はいかがでしたでしょうか。

台風の統計資料があるのは1951年からですが、この間に膨大な台風情報も蓄積されてきました。
でも、現在の統計をもってしても日本本土を台風が通過する経路はさまざまな要因が重なって正確には予測できません。

予想に反して複雑怪奇な経路もあったりします。これは身近な天気予報と同じですが、備えという面では確かに情報は役に立ちますね。

そして台風が過ぎ去った時のすがすがしさ(台風一過)は何事もなかったようにみえますが、自然が残したの置き土産はいりませんね。

では本日は最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事もあります!