春一番2018はいつ?関東や関西の観測予想!気象庁集計のまとめ!

スポンサーリンク

年末年始のイベントが過ぎると寒い冬におさらばして春が早く来るのが待ち遠しくなりますね。

春の訪れを肌で感じるものは何と言っても春一番の知らせでしょう。

今回は関東と関西に分けて春一番がいつ頃やってくるのか観測予想を気象庁集計をもとに見ていきましょう。

スポンサーリンク

春一番とは何でしょうか?

春先(立春の2月4日ごろから春分までの間)に広い範囲で初めて吹く南寄りの風があります。

これは低気圧が日本海で発達するために生じる風で秒速8メートル以上の強風になって気温も前日に比べて上昇します。

こうして発生時期と風速と(気温の上昇も含む)気圧配置の三拍子がそろった時が「春一番」と呼ばれています。

そのため条件に合わない場合は「春一番なし」という年もあるわけです。
ちなみに春分を過ぎてからの風は「春本番」と呼んでいます。

春一番の影響は
古くから日本海から生じる風から大しけが原因で海難事故、なだれで山の遭難、フェーン現象で火災などの警告の風となってきました。

関東でも’78年に春一番での竜巻で営団地下鉄(現:メトロ)東西線の車両が鉄橋上で脱線・転覆したこともありました。

kyoufuu

春一番2018の観測予想は?

関東で近年の春一番が観測された日は
2010年 2月25日
2011年 2月25日
2012年 観測されず
2013年 3月1日
2014年 3月18日
2015年 観測されず
2016年 2月14日
2017年 2月17日

・気象庁集計によると関東地方の春一番がもっとも早く観測されたのは2月5日(1988年)、最も遅く観測されたのは3月20日(1972年)となっています。

関西で近年の春一番が観測された日は
2010年 3月15日
2011年 観測されず
2012年 観測されず
2013年 3月18日
2014年 観測されず
2015年 観測されず
2016年 観測されず
2017年 2月20日

・関東よりも観測日はやや遅れているようですが大きな違いはないようです。
・ただ関西はようやく春一番がやってきました。春一番の三拍子がそろったわけですね。

*気象庁集計によると平成になってからここ数年は春一番はやや遅い傾向にあります。

*各気象台が発表するものは、「○○地方における春一番」であり、気象台によって判断基準は違っているためあくまでも観測予想は目安と見たほうが良いようです。
その気象台とは鹿児島、福岡、中国地方、高松、東海地方、新潟などで春一番が観測されやすい地域にあるわけです。

2018の春一番はいつ頃?

2月14日は、北陸・中国・九州北部で春一番の発表がありましたね!

たとえば関東地方では以下5つがそろったとき春一番とされます。
1. 立春から春分の間
2. 日本海に低気圧がある
3. 東京で最大風速8m/s以上
4. 西南西〜東南東の風
5. 前日より気温が高い

今のところ、3.と4.が満たされれば春一番となりそうですが、なかなか微妙ですね。

気象庁の最新情報(2/26)では、
28日から3月1日にかけて、全国的に風が強まって大荒れの天気になります。

ただ関東地方では南風が強まり、ぽかぽか17度くらいの陽気になって待ちに待った春一番となりそうです。

3日以降は近畿や中国、東海や関東では寒暖の差も大きく、しばらく春は先のようです。

全国の10日間天気は
https://tenki.jp/week/

まとめ

今回は春一番2018はいつ?関東や関西の観測予想や気象庁集計についてお話をしてきましたがいかがでしたでしょうか。

そういえば「○一番」は四季の中で春だけしかありません。夏-秋-冬・一番とは言いません。
その理由は日本では季節の変わり目がよくわかるのはこの時期をおいてないからです。

春一番の便りはこれからやってくる新学期の始まりにふさわしいものです。
新年から乗り遅れた人はこの季節からのスタートもいいですね!

本日は最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事もあります!