紫外線対策2017の方法は?日焼け防止の効果的な対策や口コミも

スポンサーリンク

紫外線の量はここ数年来の地球を取り巻く大気の変化で、増えつつあるため関心が高まっています。

では紫外線対策はと言っても何をどうしたらよいのかなと思うときがあります。

でもこういうときは、紫外線の基礎的なことから見ていくと案外早く正しい方法も思いつくのではないでしょうか。

そこで、今回は、まず紫外線対策2017の方法は?日焼け防止の効果的な対策や口コミも と題して調べていきましょう。

スポンサーリンク

紫外線とは

太陽の光の中には目に見える光(可視光線)目に見えない光(赤外線や紫外線)があります。

可視光線より波長がうんと短いものを紫外線といいます。
赤外線が熱量的な作用があるのに対して紫外線は化学的な作用があります。

地球に届くまでの経路を簡単に説明しますと、途中にオゾン層というものがあってここで有害な紫外線を吸収しています。

その紫外線には波長と性質によって3種類があります。
紫外線(UV-A)から紫外線(UV-C)ですが全ての紫外線がオゾン層で吸収されるわけではなく

紫外線(UV-C)はオゾン層などでさえぎられて地球上には届きません。
紫外線(UV-B)と(UV-A)が量は少ないながらも届きます。
中でも(UV-B)が体に有害とされています。

画像


紫外線について詳しく

その紫外線ですが、1年で最も紫外線量が多くなるのは日本では一般的に夏の7~8月ごろです。

よく紫外線は5月が最も多いも言われますが、これはオゾン層での吸収がほとんどない紫外線(UV-A)が多いからです。
つまりオゾンの量の変化によって紫外線(UV-B)も変化するためです。

いずれにしてもオゾンの量が変化しないときは1日のうちでは正午頃に紫外線量がいちばん多くなります
ただ、曇りの時は、うす曇りでは約80~90%、くもりでは約60%、雨では約30%の紫外線量です。

この紫外線量は、気象庁ではもっぱら生物に有害な紫外線(UV-B)を観測しています。

紫外線の人体への効用
では、紫外線はよくないものなのかとも言い切れません。

1.洗濯物や布団を天日干しすることは衣服についた病原菌を殺す力があります。

2.日光紫外線からビタミンDが得られます
ビタミンDは主に腸からのカルシウムの吸収を増加させます。
せっかくカルシウムを取ってもビタミンDが不足すると体ではカルシウム不足となって骨が丈夫になりません。
(そのため最近の美肌ブームではいっそうビタミンDを食事から取ることが必要ですね!)

3.血行や新陳代謝の促進、または皮膚抵抗力の増強などもあります。

適度な紫外線は良いということですね。

画像748978

日焼け防止の効果的な対策とは

でも紫外線を浴びすぎると
急性には、日焼けを始め紫外線角膜炎(雪目)、免疫力の低下
慢性的には、シワ、シミ、良性腫瘍、皮膚がんなどの原因にもなります。

ちなみに皮膚には紫外線から身を守る仕組みが備わっています。

いちばん強力な防御をするのは色素細胞が作るメラニン色素です。
メラニンは紫外線、可視光線、赤外線を吸収して、DNAへのダメージを少なくしています。

日光にあたると赤くなりやすい場合は紫外線対策がより必要な目安にもなります。

紫外線の口コミでは

【髪の老化】
「髪の乾燥は老化を早めてしまう」という事を知っていますか?自分に合ったヘアケアが艶やかで艶やかな髪を維持できる大事なポイントなのです。もう一つ。髪の健康の為に紫外線対策も必要不可欠。紫外線は髪のタンパク質を酸化させてしまうので帽子や日傘の使用をし痛み防止に効果的です。

疲労を科学する【サングラス】
目から入った紫外線により角膜で活性酸素が発生します。この活性酸素は疲れの原因になります。太陽が眩しいからサングラスをかけるのではなく、疲労防止の目的でかけることも必要です。

【日焼け止めの選び方】
日焼け止めに含まれている紫外線防止成分は、肌に大きな負担をかけてしまいます。効果を期待してむやみに厚塗りするのではなく、紫外線量に合わせて調整するようにしましょう。

ほんの一例ですが紫外線対策に関心が高まっています。 (2017.4在)


では、紫外線対策をまとめていきましょう

対策は予防ということで紫外線を浴びてからでは遅いわけです。

一般的に紫外線の影響を軽減する予防法として
紫外線の強い時間帯は避けます
・午前後、特に太陽が最も高くなる(南中時)ときに紫外線がいちばん強くなります。
戸外生活ではその時間帯を工夫することが必要になってきます。

日陰(ひかげ)を利用する
・多少紫外線の乱反射で影響されることもあります。

日傘や帽子を利用する
・最近は紫外線の防御機能を高めた日傘なども多くあります。

肌を衣服で覆う
・ただし体温が上がって熱中症中症の心配がある場合は通気性を優先します。

サングラスや紫外線対策のメガネをかける
・眼への紫外線量の90%もカットできます。

日焼け止めを適切に使う
・肌を衣類などでおおうことができないときは日焼け止めを使うのが効果的です。
ただ乳児の場合は、この時間帯の外出は控える、はおりものなどで間に合わせます。

・日焼け止めは、いつ、何をする時に使用するかによって選びます。
(口コミでもあったように使用も最小限にしましょう)
でも、紫外線の強い季節に長時間戸外に出る場合などはより紫外線カットの高いものや汗をかくときは耐水性のものなど。

・日焼け止めは、戸外に出る前に2回塗りで準備します。
・また途中で日焼け止めが落ちたとわかったときはすぐに重ね塗りしたり、
2~3時間おきに塗り直しが効果的です。

画像679352

毎日の紫外線の量を知るには
紫外線は波長に3種類あり、紫外線(UV-B)と紫外線(UV-A)が入り交ざっていました。

そこで紫外線の強さをこのUVインデックス(解析値)に換算しています。
わかりやすく言えば、紫外線が人体に及ぼす影響度の指標でしょうか。

画像2
世界保健機関(WHO)などでは、UVインデックスで紫外線対策をするように薦めています。

国内では環境省からUVインデックスが3以上の場合はできるだけ日差しを避け、8以上の場合はできるだけ外出を控えたほうがよいといった具体的な対処方法が示されています。

最近の全国各地の 日最大UVインデックスは?
http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/link_uvindex_ana.html

(携帯では拡大表示可能)

まとめ

今回のタイトルの紫外線対策2017の方法は?日焼け防止の効果的な対策や口コミもは いかがでしたでしょうか?

これから紫外線の多い季節がやってきますが対策をしておけば大丈夫です。
やはり紫外線のことをよく知ってそれとうまく付き合っていくのが一番良い方法のようですね。

本日は最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事もあります!