嵐山2017秋の紅葉のライトアップや見頃は?トロッコの見所も!

スポンサーリンク

京都でも屈指の人気観光地の嵐山は京都府内で5番目に人気となる紅葉のスポット。

国の史跡・名勝に指定され、ここを起点に各方面への観光もできます。

何よりも渡月橋を中心に南の嵐山、上流の「保津川」、橋の周り200mを「大堰川(おおいがわ)」、さらに下流は「桂川」と呼び名を変える大堰川はれぞれに見どころがあります。

今回は嵐山2017秋の紅葉のライトアップや見頃は?トロッコの見所も!と 題してみていくことにしましょう。

スポンサーリンク

嵐山の紅葉とは

嵐山とは嵐山(標高381.5m)は一面に赤や黄に色づいた葉の背景と美しい曲線美の渡月橋が絶好の紅葉スポットです。

紅葉情報場所:嵐山
紅葉の始め[通年]  : 11月中旬
紅葉の見頃[通年]  : 11月下旬~12月上旬
紅葉する木 : カエデ
おすすめスポット : 渡月橋
お問合せ :075-343-0548 (京都総合観光案内所)
075-861-0012 (京都嵐山保勝会)

アクセス:
住所:京都市右京区嵯峨天竜寺造道町
洛西紅葉

【電車】JR嵯峨野線「嵯峨嵐山」駅から徒歩 約10分
京福嵐山線「嵐山」駅下車または阪急嵐山線「嵐山」駅下車

【車】名神高速「京都南IC」から国道1号線経由 約40分
駐車場 有料駐車場を利用(1日800~1000円)

特色をいくつか
渡月橋から見る嵐山の紅葉(初夏は新緑)はもっとも美しく全貌が見られる傾斜面になっているそうです
(渡月橋は、朝日が山に当たる時間がひときわ美しく、市営嵐山観光駐車場あたりの川沿いから橋の展望もよし)
トロッコ列車から眺める紅葉は秋の感触を肌で感じられます
遊覧船や川下りで下から見上げる紅葉を楽しめます
神社や寺などの日本の風景にマッチした紅葉も見頃です
公園や日本庭園などは箱庭的な紅葉が楽しめます
駅を降りてすぐに紅葉が繰り広げられます
渡月橋の近くの世界遺産天龍寺では嵐山を借景にした庭園を拝観できます
嵐山公園の展望所からは対岸の大悲閣千光寺、見下ろして保津川下りやトロッコ列車の眺望がよし

ライトアップや見頃は?

西日本の2017年の紅葉の見頃は平年並みで、今年は鮮やかな紅葉が期待できると発表されました(気象情報会社・ウェザーニューズより)
嵐山(洛西)は11月20頃

http://www.hanatouro.jp/arashiyama/
京都嵐山花灯路(はなとうろ)

嵐山のイルミネーション(嵐山花灯路竹林ライトアップ)
2017年の開催 2017年12月8日(金)~2017年12月17日(日)
点灯時間 17:00~20:30
最寄り駅 トロッコ嵐山駅

渡月橋周辺のライトアップ渡月橋と山裾、水辺などをライトアップし、雄大で美しい夜の自然景観を演出します
竹林の小径のライトアップ、野宮神社から大河内山荘庭園に至る竹林をライトアップし、頭上に広がる幻想的な情景を演出します
「京都・嵐山花灯路」では、嵯峨・嵐山地域を約2500基のLED電球を使用した露地行灯の「灯り」と、ボリューム感のあるいけばな作品の「花」で演出した、華やぎのある散策路を創出。

こんなのもあります
嵐山もみじ祭 2017年11月12日(日)<毎年11月第2日曜開催>
10:30~ 雨天の場合は中止[問合せ先:嵐山保勝会075-861-0012]

トロッコ列車

トロッコの見所は?

嵯峨嵐山エリアは保津川に沿って走る「嵯峨野ロマンチックトレイン」がおすすめです。

ロマンチックトレインの走る嵯峨野観光鉄道とは、山陰本線(この区間はJR嵯峨野線と呼びます)が複線電化のため移設旧線跡でした。

旧線からは当時よくこんな川の起伏に富んだ地形に沿って線路を敷設したなと思われるほど列車観光にはうってつけですね!

1991年に開業ですが、四季を通じて、自然の変化を肌で感じられる区間です。
保津川に沿って春は桜、新緑、夏は渓流のそよ風、秋は紅葉で景観が列車で楽しめるからです。

冬季はより安全に運行できるように、車両や線路などのさまざまな整備や安全対策を施しているようです。


車窓は嵯峨野トロッコ列車は、トロッコ嵯峨駅からトロッコ亀岡駅までのおよそ7.3kmを25分かけて走る観光列車で、全席指定制のため都会の満員電車とはかけ離れています。

非電化区間のためディーゼル機関車の警笛とともに、旅が始まります。

この列車はトロッコタイプの5両編成の客車で、木製の椅子に裸電球といった古風なインテリアです。

窓ガラスがなく格子窓の「ザ・リッチ」も一両連結し、川沿いの風を肌で感じられるように平均時速25kmのゆっくりとした速さです。

ただ、この車両は先着順の当日券のみのためまず並ぶことから旅が始まる実感でしょうか。

秋の嵯峨野トロッコ列車(京都・嵯峨野観光鉄道トロッコ列車)  約8分


*紅葉の中をしばしトロッコ列車で

嵯峨野観光鉄道 トロッコ列車
住所:京都市右京区嵯峨天龍寺車道町
電話:075-861-7444(テレフォンサービス)
時間:トロッコ嵯峨駅発9:07~16:07(毎時7分発) ※日によって増便あり
休み:水曜(祝日の場合運行)、春休み・GW・夏休み・紅葉時期はなし
料金:片道620円
所要時間:約25分
チケット購入方法:前売乗車券はJRのみどりの窓口で、当日券はトロッコ各駅で購入
*桜や紅葉・GWなどの繁忙期では朝一番でその日の予約が埋まってしまうこともあるのでご注意を!

本日、前売りの空席状況 (HPもかねる)
https://www.sagano-kanko.co.jp/kuseki.php
(運行スケジュール、時刻表は右欄に)


ライトアップ・臨時列車は

2017.10.14(土)~12.10(土)16:30~19:30まで運行されます。
10.14~15および10.21~12.5は17時台発
11.18・19・23・25・26には18時台発の臨時列車も運行されます

まとめ

今回のタイトルの嵐山2017秋の紅葉のライトアップや見頃は?トロッコの見所も!は いかがでしたでしょうか?

京福電鉄の嵐山駅から渡月橋までの道には人力車が走っていて、たくさんのお土産売り場があります。

今秋は紅葉が見頃ですが、来春は嵐山公園一帯に桜が咲き、お花見スポットに変わります。
春秋の観光名所の嵐山は四季を通じて注目されていますね!

本日は最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事もあります!