東京サマーランド(プール)2017の営業時間と混雑は?料金も!

スポンサーリンク

2017年に開業50周年の節目を迎えた東京サマーランド。

室内プール・遊園地・そして夏季限定の屋外プールの三拍子で、赤ちゃんから大人まで一日中楽しめるレジャースポットです

50年という歴史でさまざまに進化してきましたが、最新の絶叫ウォータースライダーの「デカスラ」は一番の目玉となっていますね!

サマーランドの年間入場者数の約100万人のうち、7~9月の3カ月間で7割ほどが集中すると言われるだけあってこの夏も込みそうです。

そこで今回は、東京サマーランド(プール)2017の営業時間と混雑は?料金も!と 題してみていくことにしましょう。

スポンサーリンク

東京サマーランドとは

東京都あきる野市にあるテーマパークで、株式会社東京サマーランドとは、これを運営する企業名です。

名称:東京サマーランドプール
所在地:東京都あきる野市上代継600番地
問い合わせ:042-558-6511 (予約センター)

アクセス:
【バス】
・JR東日本・五日市線「秋川駅」より路線バスで約10分、サマーランド行き直行バスなど
・新宿駅西口から「サマーランド行き高速バス」 (新宿から60分、夏季のみ運行)

【車】
圏央道「あきる野IC」より滝山街道(国道411号) 約0.5km・2分
*夏季には混雑するため迂回ルートがあります
東京サマーランド交通案内の下のpdf

●年間開園日カレンダーです
*開園日時と営業時間が一定ではありませんので注意
年間開園日カレンダー

●スチャダラパー × 東京サマーランド 2017 CMです

スチャダラパーCMの解説

最新ニュース
真冬の常夏フェスとして「東京サマーランドJAM」の開催が発表されました。

期日:2017年12月17日(日) OPEN 12:00 / START 14:00
会場:東京サマーランド アドベンチャードーム内
ゲスト:スチャダラパー、5lack、石野卓球、川辺ヒロシなど
問い合わせ:03-5720-9999 (HOT STUFF PROMOTION)
料金:
前売・入場料:大人(中学生以上) ¥5,000
前売・入場料:子供(小学生) ¥2,000
未就学児童入場無料
など

詳しくは、オフィシャル・サイト:http://www.summerlandjam.com

*全天候型のうたい文句通りに、真冬でも真夏気分が味わえちゃいます。
波のプールやウォータースライドで一足早い来夏を先取りしましょう!

プール関係の施設のポイントは?
屋内プールと屋外プールの2つのタイプがあります。

○アドベンチャードーム

■アドベンチャードーム(屋内プール)
*雨に左右されない(全天候型)南国ムードの空間です!

[プールエリア]
コバルトビーチ
1時間おきに高さ70cmの波が押し寄せる遠浅のプール  (2017の夏季は波は中止のようです)

Tiki(ティキ)スライド
ハワイで守護神とされているティキ像がモチーフのウォータースライダー (身長120cm以上)

ロックビーチ
樽から一気に600リットルの水が流れ出すプール (アドベンチャーラグーンにあるアクアファンの小型版)

フルーツアイランド
いろいろな果物で彩られた子供向けプール

軟水ジャグジー
スパ気分を味わえる温浴ジャグジー施設

湯遊大洞窟
アドベンチャードーム地下にある洞窟をイメージ した大型温浴プール施設

[ドライエリア]
アドベンチャートレイン
機関車型ライドアトラクション

みらーめいず
鏡の迷路

ゲームパラダイス
約100台のマシンがあるゲームコーナー



○アドベンチャーラグーン
■アドベンチャーラグーン(屋外プール)
冒険体験型の空間で期間限定です! (7月1日~10月1日)

ビーバーレイク
長さ40mのスタンダードなプール
・バッシャハウス
ビーバーレイクの中央にあり、窓や煙突から突然水が噴き出す
・スーパーモンキーフロート
頭上の綱に捕まりながら浮島を渡り、ビーバーレイクを横断する

噴水アーチウェイ
噴水でできた水のアーチで夜にはライトアップされる

スプリングハウス
温浴プール施設

アドベンチャーフォール
子供向け施設

グレートジャーニー
全長650mの世界最大級(日本最長)の流れるプール
・キッズベイ、ワイルドキャニオン
滝でその裏には人が通れるスペースがある
・アドベンチャーサークル、ロックスプラッシュ
人面のついた岩が三つ並んでいる場所。時々水を噴き出す

ファウンテンビーチ
水深が浅く、地中から水が噴き出している

アクアファン
頭上の樽から一気に1.2トンの水が流れ出す

モンキーフロート
スーパーモンキーフロートの子供版

dobon(ドボン)
スライダーの出口と着水プールの水面に高低差があり、滑った後に落ちる新感覚ウォータースライダー
(身長140cm以上、体重105kg以下、年齢60歳以下+充分な泳力)

タワーズロック
高さ20mのウォータースライダー。2種類あり、2人乗りのフロートに乗って滑る
・バックドロッパー
急勾配を滑り下り、傾斜70度の斜面を上った後、後ろ向きに滑るスライダー
・コブラツイスター
直径12mのすり鉢の中を、吸い込まれるように回転しながら滑るスライダー
(両者共に身長140cm以上、合計体重180kg以下)

スネイクスライド
曲がりくねった水路を滑るウォータースライダー。2002年のリニューアルではトンネルが付けられ、2人乗りのフロートに乗って滑っていたが、現在はフロートは廃止されています。身長110cm以上で利用可

キディスライド
子供向けウォータースライダー

スクリーマー
2人乗りのフロートで10mの高さから急降下するウォータースライダー (身長130cm以上)

DEKASLA(デカスラ)
日本初導入となる超大型スライダー。 4~6人乗りの専用円形ボートに乗って急勾配を一気に滑り下りたかと思う と、すぐさま巨大なファンネル(じょうご・漏斗)状のコースに突入し左右に大きく揺さぶられながら滑るスライダー
(身長130cm以上、合計体重 454kg以下)
*この施設のみ利用料金が設定 (東京サマーランドホームページに記載)

東京サマーランドのプールのおすすめは?
■アドベンチャードーム(屋内プール)では
コバルトビーチの波は南国の海にいるかのようです!

■アドベンチャーラグーン(屋外プール)では
グレートジャーニーは浮き輪に乗りながら1周30分ほどの水路の旅に熱中できます!

DEKASLA(デカスラ)は一番の人気!
今は先行オープン中です!
・2017年4月29日(土)〜 2017年6月25日(日)土・日・祝日のみ
・時間 11:00〜15:00

今月のイベントは

*その他いろいろ楽しめて、まさに表向きは東京ディズニーランドのプール版ですね!

○アドベンチャードーム

●基本料金と時間割券(15時から)などは ?
・入園券とフリーパス券はこちらで
入園券・フリーパス券のご案内

●割引クーポンは
サマーランドに行くなら お得なチケット

●東京おもちゃショー2017でも人気商品となった「そうめんスライダー エクストラジャンボ」が体験できるテラス席(有料)も設置されます。
頂上からスライダーをくねくねと全長5mをおよそ11秒かけてそうめんが地上に到着
途中から「DEKASLA」のイメージを再現する仕掛けも搭載
浮き輪型などできるオリジナル製氷トレーも付属したシンプルな組み立て式です

混雑の情報と対策は?

新感覚スライダーを目玉とする夏の東京サマーランドプールは当然混雑抜きでは考えられません。
では、少しでも混雑から解放されるにはどうしたらよいのでしょうか?

・大混雑は7月3週目の土日から8月の土日とお盆の11日~14日ごろです。
8月も全体的に混雑ですが、特に暑い日は混雑が激しくなります。
9月に入ると混雑はややおさまります。

・大混雑時はイモの子を洗う状態になり、水中で人に当たるのを気にしたりして楽しめたものではありません。
プールのにぎわいを実感したいなどイモの子でもよければ話は別ですが、
もっとゆっくりと楽しむには?

基本的に混雑期は避けます
・夏休み期間中でも平日なら土日、お盆ほど混雑していません。
・天候の不順な日に行く(室内プールなら気温に関係なく温水のため一定です)

でも、どうしても混雑期に行かなければらならないこともあるでしょう。
そんなときはどうしたらよいのでしょうか?

早く行く
・特に夏季の土日祝やお盆などは通常の営業時間(サマーランドは9:00~)よりも早く開園することがあります。
・開園前の1時間前までに園内に着きたいですね。”何事も1時間前に”はこういう時にも生きますね!
・とにかく一番混雑する時間帯は、開園直後~お昼ですので。
・これは車で行く場合も同じことで、途中渋滞があっても気になりませんね!
・いい場所が取れるしプールに飽きたら他の施設もちょっとなどと、早く行くことは十分メリットがあると思います。

時間をずらす
・どうしても早く行けない場合は、うんと遅く15時以降とかは比較的すいています。
・時間割引にもなりますが、閉園までの時間が少ないので事前に他の場所で遊んでからのほうがいいですね!

割引のある前売りチケット(割引券)を事前購入する
・東京サマーランドの場合は、例えばコンビニなどで事前に割引の前売入場券を購入できます。
(割引券ではなく前売り入場券があるとそのまま入場口へ直行できます)

何のアトラクションからいきたいか決めておく
・施設の目玉スポットなどあらかじめ調べて、どことどこを周りたいとか、その順番をいくつか考えておきます。
そうすれば現地で状況に応じて対応が早くできます。
・ただ、人気の「デカスラ」はそれだけでもかなり時間が取られます。

どうしてもなら
・場所が難しかったら有料席もありますので事前に調べておくとよいでしょう。
・お年寄りの方などと一緒のときは、冷房付きの本館2階にある無料休憩室もあります。
*有料席は高額料金でもどんどん売れて早く満席になりやすいため何事も早めの行動ですね!
有料席・無料席のご案内

○夏休みの土日やお盆の東京サマーランドの様子

大混雑時はこうです〔屋内プール〕


最後に、あると便利な持ち物のまとめ

*目的の施設によって要不要をチェックしてください!

前売券 (購入した場合)
駐車場代 (車の場合)
コインロッカー代 (100円玉は5枚程度)
肝心な水着やタオルなど
浮き輪 (人数分とストローも)
・ストローは空気抜きのために便利。無料使用できる大きな浮輪もありますが、数は少ないため開園後には無くなるかもしれません
ビニールシート (レジャーシート)
ビニール袋 (スーパーの袋で十分です。濡れた水着やタオル、浮輪の持ち帰り時に重宝します)
日焼け止め (ラッシュカードなど、直射日光が当たる野外では必要です)
ビーチサンダルなど (地面が暑い場合などになくてはなりません)
ゴーグル (UVカット付ゴーグル、スイミング用ゴーグルなどあったほうがよいです)
目薬 (あったほうが安心です)
携帯電話 (館内で家族に連絡を取り合う時に必要)
飲み物 (熱中症対策で必須と会場内は安くないため持参。保冷剤入りクーラーボックスなら食べ物を入れても万全)
なるべくお弁当を持参
・夏場や土日祝の昼時は食事場所も並んだり、混雑します
・もしレストランを利用するときは11時を過ぎるとしだいに混んでくるので早めに
行く施設に応じて、小さめの簡易テント、うちわ(あるいは携帯扇風機)など

まとめ

今回のタイトルの 東京サマーランド(プール)2017の営業時間と混雑は?料金も!は いかがでしたでしょうか?

2017年から、昨年の事件で警備や金属探知機、手荷物検査など警戒態勢が強化され、混雑にいっそう拍車がかかるかもしれません。
でも安全性には代えてはいられませんね!

また、今年で50周年の節目を迎えて、入場者数の多いティーンエイジャーにも公共交通をもっと便利にとか、サービス面の強化、リニューアルの意見など今後の課題も多く見られています。

本日は最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事もあります!