高円寺阿波おどり2017の日程とアクセスは?大会と屋台の人気も!

スポンサーリンク

東京の晩夏の風物詩として定着している高円寺阿波おどり。

これは本場の「徳島市阿波おどり」に次ぐ大会規模なもので、東京周辺では最大規模の阿波踊りとなっています。

来場者数は約100万人で約1万人が踊りに参加して、文字通り夏のお祭りの見おさめにふさわしい規模となっています。

そこで今回は、高円寺阿波おどり2017の日程とアクセスは?大会と屋台の人気も!と 題して高円寺阿波おどりの魅力を見ていきましょう。

スポンサーリンク

高円寺阿波おどりとは

昭和32年(1957年)に始まり50年以上の歴史がある東日本で最大の阿波踊りです。

もともと高円寺の商店街の町おこしとして始められたお祭りですが、
今では商店街(現在はパル商店街)だけでなく地域が一丸となって行われる東京の夏の風物詩です。

基本データ
名称:高円寺阿波おどり(こうえんじあわおどり) (今年は61回目の開催です)
開催期間: 8月26日(土)、27日(日)
本大会時間:17:00 ~20:00
小雨決行、悪天日は翌日に順延
開催場所:(東京都杉並区高円寺)
高円寺駅・新高円寺駅周辺(流し踊り)、セシオン杉並・座・高円寺(舞台踊り)
来場者数 :約100万人
主催:NPO法人 東京高円寺阿波おどり振興協会  (03-3312-2728)

アクセス:JR中央線「高円寺駅」、東京メトロ「新高円寺駅
*JR特急や快速は当駅通過のため各駅電車を利用してください。

ざっと歴史を
町おこしのいきさつは隣町の阿佐ヶ谷七夕祭りに対抗して阿波踊りを真似て始められました。

そして都内在住の徳島県出身者らの指導などで発展し、新しく発足したNPO法人東京高円寺阿波おどり振興協会が主催しています。

開催年ごとに知名度が上がり、阿波踊りは本場の徳島県からも集団参加が見られます。

例年同日に行われる浅草サンバカーニバルとともに東京の代表的な夏祭りの1つになっています。

高円寺阿波おどりはこんな雰囲気です
第60回 東京高円寺阿波おどり(2016.8.27)

阿波踊りは400年の歴史を誇る徳島の郷土芸能。
本場徳島の歴史と文化に敬意を払い、情熱と感動の演舞を繰り広げられます
3分27秒 HDタイプ

大会と屋台の人気は!

流し踊り
JR高円寺駅前から東京メトロ新高円寺駅を周回するように8つの演舞場があります。
8つの演舞場
中央演舞場、ひがし演舞場、純情演舞場、パル演舞場、桃園演舞場、みなみ演舞場、ルック第一演舞場、ルック第二演舞場です。

高円寺周辺地図

高円寺阿波おどり会場です
2017版は作成中ですが、だいたい昨年並みのようです。(7月頃に更新)

○map02_01

○map02_02

舞台踊り(阿波おどりと同時に開催します)
おどれ高円寺セシオン2017
(会場)セシオン杉並:11:30~13:00、14:00~15:30
(東京都杉並区梅里1-22-32)
*原則前日までにチケットガイドなどで予約 (全席指定)

2017座・高円寺阿波おどり
(会場)座・高円寺:12:00~13:00、14:30~15:30
(東京都杉並区高円寺北2-1-2)
*当日券のみ(料金:1,500円 前売り券はなし) (全席自由)

問合せ先:NPO法人東京高円寺阿波おどり振興協会 (03-3312-2728)

○阿波踊り01

屋台や露店は?
まんぷく高円寺2016テント村
(高円寺北口広場ブース)
*徳島県の物産品が多くあります
*佐世保バーガー、串焼き牛・串焼きタンステーキなども

被災地復興応援屋台村
(南口中央公園ブース)
*福島県の物産品が多くあります

復興応援よみうり屋台村
(高円寺中央公園)
*福島県の物産品が多くあります

高円寺氷川神社
(JR高円寺駅と高円寺中央公園の中間ぐらい)
*伝統的な露店でお祭りの定番の焼きそば、たこ焼きなど

阿波踊りとお祭りの屋台が同時に楽しめますね。

ところで日本のお祭りランキング1位はどこ?
旅行業者であるエイチ・アイ・エス(H.I.S)は、旅好きフォロワーに「行ってみたい!日本のお祭り投票キャンペーン」のアンケートを実施しました。

その「2016年、行ってみたい!日本のお祭りランキング」の結果が発表され、1位に輝いたのは「高円寺阿波おどり」でした。

ちなみに、
第2位 青森県の「青森ねぶた祭り」
・毎年300万人の人々が詰めかけ、国の重要無形民族文化財にも指定される。

第3位 徳島県の「阿波おどり」
・約400年の歴史を持ち、世界的な知名度を誇る。 でした。

1位になった理由についてH.I.Sは、
「都内在住の徳島県出身者による指導により、徳島から離れた東京でも本格的な阿波おどりを楽しむことができる。
高円寺はアクセスがしやすく利便性も良いため」と考えています。

その「阿波おどり」は都内では大塚や下北沢、中目黒など数カ所で開催されるほど地元の人々に定着し、観光客も惹きつける人気の祭として広がっています。

まとめ

今回の 高円寺阿波おどり2017の日程とアクセスは?大会と屋台の人気も!は いかがでしたでしょうか。

都内で本格的な阿波踊りが楽しめてしまう高円寺阿波おどり。
でも8月最後の週末とあって人混みは想像以上です。

あらかじめ見たいところをいくつか決めておき、会場の状況に応じて適宜見物ルートを変えていくなど、工夫すれば阿波踊りをもっと楽しむことができるかもしれませんね。

本日は最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事もあります!