みたままつり2017の時間や出店は?アクセスや見所も!

スポンサーリンク

夏の夜空に繰り広げられる「光の祭典」とも呼ばれている みたままつり。

今年もお祭の季節の先がけとして東京千代田区九段下の靖国神社で7月13日から開催されます。

ここ2年ほど出店(露店)がなくなりましたが今年はどうでしょうか?

そこで今回は、みたままつり2017の時間や出店は?アクセスや見所も と題してみていくことにしましょう。

スポンサーリンク

みたままつりと靖国神社とは

明治2年(1869)6月29日明治天皇の思し召しによって建てられた東京招魂社が明治12年(1879)に「靖国神社」と改称されました。

靖国神社とは明治天皇の命名で、国家のために尊い命を捧(ささ)げられた人々の御霊(246万6000余柱)を慰め、その事績を永く後世に伝えることを目的に創建された神社です。

みたままつりはお盆の時期にあたる、7月13日から16日までの4日間その御霊の行事として開催されています。

始まりは昭和22年(1947年)ですが現在では、靖国神社の夏の風物詩として親しまれており、毎年30万人の参拝者が訪れています。

みたままつり会場 (71回目)
場所:靖国神社
住所:東京都千代田区九段北3-1-1
日程: 7月13日(木)~16日(日)
時間:6:00から21:30(みたままつり期間中の時間)
料金:入場無料
電話:03-3261-8326(靖国神社社務所)

○靖国神社

みたままつり2017の時間やアクセスは
時間は(毎年同一)
前夜祭 7月13日 午後 6時~
第一夜祭 7月14日 午後 6時
第二夜祭 7月15日 午後 6時
第三夜祭 7月16日 午後 6時

アクセスは
[JR]
・中央線/総武線各駅停車「飯田橋駅(西口)」、「市ヶ谷駅」より徒歩10分

[地下鉄]
・東西線/半蔵門線/都営新宿線「九段下駅(出口1)」より徒歩5分
・有楽町線/南北線/都営新宿線「市ヶ谷駅(A4出口)」より徒歩10分
・東西線/有楽町線/南北線「飯田橋駅(A2出口、A5出口)」より徒歩10分

各駅のアクセスもよいです。
*なお、祭期間中は駅も混雑しますのでお帰りの切符を購入される方は前もってをオススメします。

みたままつりの見所は

期間中、境内には大小3万を超える提灯(ちょうちん)、 著名人や画家・書家による 懸雪洞(かけ ぼんぼり)が掲げられます。
[後の動画に一部の例があります]

みこし振り青森ねぶた阿波踊り盆踊りなど参道での都内で一番早い盆踊りなどが見られます。

能楽堂では日本舞踊、民謡、バレエなど見所がいろいろあります。
(期間中は各種催し物が行われます。詳細の日程は事前に確認ください)
http://tenshinryu.blog.fc2.com/blog-entry-259.html  (一例)

靖国神社の周りを見渡すと、
ポール・マッカートニーが来日した日本武道館皇居外苑と呼ばれる皇居内の一般開放されている北の丸公園内にあります。

北の丸公園は都心にいることを忘れてしまうほどの広い敷地で、都内で有数の花見スポットですが秋になると紅葉もきれいです。
千鳥ヶ淵ボート場では今年も納涼の夕べが開催予定です。(千代田区観光協会主催)


2016年のみたままつりはこんな雰囲気です。
【靖國神社】第七十回みたままつり[桜H28/7/16]

*シリーズ最新版2016ですが、屋台などはなくなりすっきりとしています。
(6分かかるためお時間があるときにどうぞ・携帯端末では横にすると全面表示になります)

大村益次郎銅像について
見所の一つで、靖国神社に入る第一鳥居をくぐってすぐです。
文政7年(1824)生れの兵学者で司馬遼太郎『花神』主人公のモデルです。
幕長戦争時は総指揮官となり幕府軍を撃退。

維新後は軍隊の原型を作り「軍神」とされたことを象徴としての銅像です。
盆踊りはここを中心に行われます。


遊就館 (みたままつり期間中は午前9時~午後9時)
英霊の遺品や貴重な史資料を数多く展示しています
遊就館ホームページ
http://yusyukan.yasukuni.jp/floor/gallery2.html (一例)

本殿での正式参拝は
個人の方でも奥にある本殿で正式参拝ができます。
(靴を脱ぎ本殿内で神職がみたままつり参拝祝詞を奏上します)
午前9時~午後8時まで(みたままつり期間中の時間です)
初穂料2000円より
*本殿は荘厳な雰囲気の中、みたまへ感謝のお祈りをささげられます。

2017の主な予定    (開催の場所)
期間中毎日:午後6時30分~8時30分 盆踊り (大村銅像)

前夜祭 7月13日(木) :午後6時40分頃~千修吹奏楽団パレード (参道)~7時、午後7時~ 奉納和太鼓 (拝殿前)

第一夜祭 7月14日(金) :午後7時~ 青森ねぶた (参道)

第二夜祭 7月15日(土) :午後6時30分~ 神輿振り<芝濱睦会>(第一鳥居から拝殿)、午後7時~日本歌手協会有志による奉納歌謡公演 (能楽堂)、午後8時~ 阿波踊り (神門)

第三夜祭 7月16日(日) :午後5時~ 神輿振り<近隣小学生>(第一鳥居から拝殿)、午後6時30分~ 神輿振り<麹町靖国講・大妻女子大学生>(第一鳥居から拝殿)、午後7時~ つのだ☆ひろ奉納特別野外コンサート (能楽堂)~8時

*みたままつり(期間中の時間)の午前10時~午後8時頃まで各種奉納芸能が境内「能楽堂」で行われます。
*詳細の場所などは事前に確認ください。

○靖国神社「みたままつり」

今年の出店は
戦後70年近く続いてきた名物の出店(露店)は残念ながら2017年もありません。

ご存じのように「境内で宴会の禁止」や屋台のとりやめは若者のマナーの悪さや騒音も原因となっています。

これも神聖な場所がお祭化になる傾向に歯止めをかけたのでしょうね。
都内では「新宿御苑」もアルコール持ち込み禁止でした。

○みたま祭り11

露店がなくなったもう一つの理由は
靖国神社は平成31年(2019年)に御創立150年の節目の年を迎えます。

そのイベントの一つに「いざない」プロジェクトがあり、「遊歩道」を設置して「慰霊」と「憩い」の空間などを造成中です。
そのための拡張工事で参道のスペースでの露店の確保がむつかしいためです。

でも靖国神社は本来は由緒ある場所と割り切って、2年後の記念すべきセレモニーを迎えたいところですね!

[上のイラストは2年後の予想の姿。靖國神社創立150年記念事業サイトより]

まとめ

今回のタイトルの みたままつり2017の時間や出店は?アクセスや見所は いかがでしたでしょうか?

みたままつりを先頭に繰り広げられる夏のお祭。お祭といえばやはり屋台、仲見世小屋の存在が似合います。
あと2年後の創立記念イベントからはひょっとしたら新しい形で出店が復活するかもしれませんね!

本日は最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事もあります!