岡田結実(傷だらけの悪魔)演技の評判や感想は?

スポンサーリンク

ジュニアモデルからバラエティを通して知名度が高まっている岡田結実さん。
そして今度は女優に転じての一作目は2017年2月に映画でデビュー。
今回は、岡田結実(傷だらけの悪魔)演技の評判や感想は?についてスポットを当ててみました。

スポンサーリンク

岡田結実(おかだ・ゆい)さんとは

日本のファッションモデル、タレント。オスカープロモーション所属。
【出身】 大阪府大阪市・東京在住
【誕生日】 2000年4月15日のB型 16歳
【身長】 158 cm
【趣味】 モノマネ、写真撮影
【特技】 水泳
【長所/短所】 元気いっぱい/おっちょこちょい
【家族】父はお笑いタレントの岡田圭右(ますだおかだ)、
母は上嶋祐佳、兄は元子役で俳優の兄がいる

プロフィール
小学校2年生のときに渋谷109の前でスカウトされ、本格的な芸能活動をスタート。
2010~2014年にNHK Eテレの『天才てれびくん』シリーズに“てれび戦士”としてレギュラ‐出演。
『ニコ☆プチ』『ピチレモン』の専属モデルとしても活躍。
2017年、映画『傷だらけの悪魔』は女優デビュー作。

傷だらけの悪魔とは
スマートフォン向けコミック&ノベルサービス『comico』にて連載中。
この映画化で『傷だらけの悪魔』(2017年2月公開)

設定は、高校1年生の主人公・葛西舞(足立梨花)と舞の転校先で中学時代に舞の友人からいじめられていた同級生・小田切詩乃(江野沢愛美)。
舞が転校先の学校で詩乃と再会をしましたが、舞を恨む詩乃の仕掛けによってクラスからいじめを受けるようになってしまうというストーリー。

『comico』作品の実写映画化は初。
二人の人間関係や登場人物が持ち合わせる悩みや感情が読者の共感を呼んで人気が高まっています。

ところで岡田さんの役は、舞へのいじめ実行犯・優里亜の友人でクラスのムードメーカー・名取静役でデビューするわけです。

%e7%94%bb%e5%b2%a1%e7%94%b0%e7%b5%90%e5%ae%9f08

演技の評判は

岡田さんの魅力の一つに清楚(せいそ)な雰囲気の中にスター性が感じられることです。
世間での評判の「岡田圭右の娘」というよりも次世代の女優として評判を集めている感じです。

タレントパワーランキングの2016年度イメージワード調査では、
岡田結実のイメージとして「かわいい」「活発な」「親しみやすい」「健康的な」の感想が多くありました。
月間タレントパワーランキングより抜粋

ちなみに原作者の澄川ボルボックス氏は
“たくさんの方の思いが集まって、けっさくの映画化が実現したことをまるで夢ように思い、またわくわくしております”と演技に期待を寄せています。

また”ナイーヴな題材であるため、出演者の方々にはご苦労をおかけするかもしれませんが、舞役の足立梨花さんと詩乃役の江野沢愛美さんの迫力あるやりとりを特に楽しみにしています”
とコメントしています。

岡田結実さんの感想は
中高校生から人気を誇るキャストの起用ですが
岡田さんは”初めての役者としてデビューということで、得たいの知れない緊張感に覆われているのですが、名取静をどう最大限に表現するか楽しみで仕方ありません。
純粋な気持ちで映画に溶け込めるように精一杯努力します”
とコメントしている。
http://www.oricon.co.jp/news/2075462/full/(オリコンスタイルより)

ドラマの展開は双方の立場を客観的に見られることよりいじめについて考えることが出来そうですが、岡田さんのムードメーカーとしての持ち前の明るさとトークでどう存在をアピールしていくのかに楽しみが持てそうです。

まとめ

今回は岡田結実(傷だらけの悪魔)演技の評判や感想は?についてみてきましたがいかがでしたでしょうか。

モデルとしての活躍から、父親譲りの明るいキャラクターやトークセンスを生かして現在は多くのバラエティ番組に出演して知名度を上げています。
女優としての第1歩の傷だらけの悪魔を注目していきましょう。
本日は最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事もあります!