上白石萌音(ホクサイと飯さえあれば)がかわいい!演技の評判は?

スポンサーリンク

好評掲載中のグルメ漫画『ホクサイと飯さえあれば』のテレビドラマ化が2017年1月に決定しました。

その連続ドラマの主演が今回が初となる上白石萌音(かみしらいし・もね)さんです。
上白石さんといえば話題作に続々と出演し、デビューしてわずか5年で既に数々の賞を受賞していますね。
彼女の多彩な経歴や経験をドラマにどう 生かしていけるのでしょうか。

今回は上白石萌音(ホクサイと飯さえあれば)がかわいい!演技の評判と題して新ドラマの見どころを彼女の魅力と合わせて紹介していきましょう。

スポンサーリンク

上白石萌音さんとは

東宝芸能所属の女優でタレントです。妹は女優の上白石萌歌(かみしらいし・もね)
【出身】 鹿児島県
【誕生日】 1998年1月27日でみずがめ座
【身長】 152 cmのA型
【趣味】 読書、音楽を聴くこと、歌うことや踊ること、リコーダー
【特技】 英語検定3級、スペイン語検定6級
小学校3年生(2006年)~5年生(2008年)までの3年間メキシコで生活をしていました。

デビューは2011年からですが主な活動は、
2014年の映画『舞妓はレディ』では映画初主演 をして数々の賞を受賞。
『みえない雲』で舞台に初主演
今年空前の大ヒットの劇場アニメ『君の名は。』ではヒロインの声を演じて好評判を集めています。
カバーミニアルバム『chouchou』もリリースして、歌手デビューも果たすなど演技の幅は広がっています。

ホクサイと飯さえあればとは

そして2017年1月にはテレビドラマ『ホクサイと飯さえあれば』で連続ドラマに初主演します。
これは8年前のお話の漫画『ホクサイと飯さえあれば』のドラマ化です。
東京・北千住の町に大学進学のため上京した山田文子(通称:ブン)がしゃべるぬいぐるみ(ホクサイといいます)とともに繰り広げられるドラマです。
ちなみに現在、『ホクサイと飯さえあれば』のコミックスは3巻まで既刊しており最新刊第4巻は12月20日(火)発売となっています。

『ホクサイと飯さえあれば』の放送はMBS/TBS系で
MBSでは2017年1月22日(日)スタート 毎週日曜夜0:50~1:20
TBSでは2017年1月24日(火)スタート 毎週火曜夜1:28~1:58

どんなことがあっても愛するぬいぐるみ(ホクサイ)と共に毎日楽しく。
栄養バランスもさることながら、いかに安くておいしいハッピーな料理ができるかを描いたグルメのドラマです。
簡素ながら創意工夫でバラエティに富んだおいしいごちそうを作ります。いわば料理のDIY(Do It Yourself)版です。

お金をかけた調理用品などなくとも周りにあるものを利用しておいしいご飯が食べられることを紹介し、役立つ知恵も盛りだくさんです。

真っすぐな女の子を実演し、食ライフを中心とした独り暮らしや自活の参考になるでしょう。

%e4%b8%8a%e7%99%bd%e7%9f%b3%e8%90%8c%e9%9f%b31%e7%94%bb%e5%83%8f

この写真は上白石さんのミニアルバム『chouchou』のジャケットです。
こんなかわいい主人公の歌声とはどんなものなのでしょうか。
主演映画『舞妓はレディ』で歌唱力が評価され始めました。
そしてこの『chouchou』は往年の名作映画の主題歌や挿入歌などを集めた上白石萌音さんデビュー・ミニアルバムです。

聴いた瞬間より彼女からの感動の源となるオーラが伝わってきて思わず聴きこんでしまうほどです。

こんな彼女のブログから気になるところを抜粋すると
“鈴木小波先生の原作漫画『ホクサイと飯さえあれば』が本当に温かくて可愛くてチャーミングでユーモアに溢れていて初めて読んだ時からその世界観が大好きになってしまいました。

初めての連ドラで新鮮さをもってブンちゃんという魅力あふれる女の子として生きられることが本当に幸せです。
ご飯とかわいいぬいぐるみのホクサイと一緒にいる女の子をドラマの中で演じることはきっとマンガで読んだ主人公になりきること。
さらにコメディの要素も満載で、わたしの中の新しい扉がどんどん開いている日々です”

などと上白石さんらしい感想が述べられていました。

演技や評判は

プロデューサー・森谷雄は起用について
“薬師丸ひろ子や斉藤由貴にも通ずる彼女の持つ唯一無二の清涼感。
企画から2年でやっと出会えた女優さんです”
と上白石さんを大絶賛しています。

ネットでは
“「君の名は。」の「あのいやされる声を毎週聞けるとか、最高すぎて…」「これは見るしかないな!」”
などと今から期待の声が高まっています。

自身のブログで
“皆さんのおなかをグーと鳴らせるような、心がほんのり温かくなるような、そしてご飯を作って食べたくなるような そんなドラマをお届けできるようにホクサイと共に頑張ります!”
と意気込みを語っており、ブンを演じる多彩なキャラクターの持ち主の上白石さんの演技が注目の的になっています。

まとめ

今回は上白石萌音(ホクサイと飯さえあれば)がかわいい!演技の評判についてみてきましたがいかがでしたでしょうか?

今からどんな展開になっていくのか新年のドラマの楽しみが増えました。
ちなみにドラマに出てくるブンの愛用のおしゃべりするぬいぐるみ・ホクサイにも愛着が高まっていて
“「ホクサイのぬいぐるみが欲しい!」「これ発売しますか?」”
など評判も高まっています。

今後の展開が見どころですね。
本日は最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こんな記事もあります!